7月9日 10月の最低賃金改定に向けた議論が始まりました

2019-07-09
こんにちは、はかた駅前社会保険労務士法人です。 先日、厚生労働省から第53回中央最低賃金審議会・令和元年度中央最低賃金審議会目安に関する小委員会の資料が公表されました。 これは、10月の最低賃金改定に向けた審議に関する資料になります。
最低賃金は2015年頃から年率3%の上昇を目安として上昇していますが、今後も「より早期に最低賃金1000円を目指す」方針です。 現状九州各県の最低賃金は以下の通りになります。 ・福岡県 814円 ・佐賀県 762円 ・長崎県 762円 ・熊本県 762円 ・大分県 762円 ・宮崎県 762円 ・鹿児島県 761円 ・沖縄県 762円
最低賃金の上昇率が高い場合、中小企業・小規模事業者への負担が大きくなってきます。 政府としては、日本経済全体の生産性・経済成長率上昇に働きかけながら、中小企業・小規模事業者も賃上げをしやすい環境整備に取り組む方針です。 最低賃金は順調に議論が進めば7月中には大枠が決定し、2019年10月1日より新しい最低賃金が適用となります。 今後も情報が分かり次第、随時発信させていただきます!
はかた駅前社会保険労務士法人では、賃金体系・キャリアアップ助成金の賃金要件等に関するご相談からお手続代行まで承っております。 小さな疑問でもお気軽にお問合せください!
《お問合せ》 はかた駅前社会保険労務士法人
《参考》 厚生労働省「第53回中央最低賃金審議会 資料」 厚生労働省「令和元年度中央最低賃金審議会目安に関する小委員会(第1回)資料
Copyright(c) 2013 はかた駅前社会保険労務士法人 All Rights Reserved.